売れっ子整体師

売れっ子整体師になる為に必要な技術を解説【読めば技術力UP!?】

  • 2020年12月2日
  • 2020年12月2日
  • 整体
骨次郎
どうも骨次郎(@honejirou)です。

今日は売れっ子整体師になる為に必要な技術というテーマで書いていきます。

整体院や整形外科、整骨院院長など様々な経験を得て現在整骨院を経営している骨次郎が

売れっ子整体師になる為に必要な技術はどんなものがあるのか書いていきます。

この記事を読むことで売れっ子整体師になる為に必要な技術はどのようなものがあるのかがわかります。

それではさっそくやっていきましょう!

スポンサードリンク

売れっ子整体師になる為に必要な技術

整体師

整体師に必要な技術は以下です。

  • 触診技術
  • 評価
  • カウンセリング(問診)
  • 鑑別能力
  • 手技

では順番に説明していきます。

◎触診技術

触診技術は整体師としてとても重要な技術です。

人の身体の構造を理解して自分がどこを触っているのか

今触っているのはどこの筋肉なのか?

など触診して筋肉や骨、靭帯などの位置関係を理解する力が必要です。

その他にも筋肉の硬さや筋硬結がある場所、圧痛や温度、関節の動きなどなど

触診で感じることはかなり多くあります。

この触診技術が整体師としての生命線になります。

◎カウンセリング(問診)

カウンセリング技術も整体師には大事になります。

患者様の状態を把握する為にカウンセリングは必ず必要です。

カウンセリングでどの動きで痛みやつらさが出るのか、何をしてそうなったのかなど

身体の状態や発生機序、既往歴などを聞くのがカウンセリングです。

カウンセリングで患者様の生活背景まで知ることができると良いですね。

このカウンセリング能力も整体師に必要な大事な技術です。

◎評価

カウンセリングに続いて評価能力も重要です。

カウンセリングをして、身体をどうすると痛みが出るのか、歩き方はどうなっているのか

など動きを評価していく必要があります。

この評価する力が実はとても大切です。

評価をしてその評価をもとに仮説を立てどの様に施術をするか考えます。

この評価→仮説→検証作業が大事になります。

患者様の身体の動きを評価する技術をつけることで高いレベルの整体師になります。

◎鑑別能力

整体院には様々な症状の患者様が来ます。

その中で整体の適応外の人を見極める鑑別能力も必要です。

例えば骨折している可能性がある人に施術はしないですよね?

この鑑別能力がないと重大な事故を起こしていまう可能性があります。

ギックリ腰だと思って骨盤矯正をしたら実は圧迫骨折をしていた

足が浮腫むという患者様に下肢のマッサージやストレッチをした後に胸が痛いと言って倒れてしまった

なんて事にもなり兼ねません。

鑑別能力は知識がないと鑑別することすらできません。

最低限レッドフラグが出ている(適応外)の人を鑑別できるようになっておきましょう。

◎手技

様々な手技がありますが、この手技を使えば治るというものはありません。

例えば腰痛には○○手技を使えば良くなる!

なんて言っているのは危険です。

手技はあくまでも患者様の状態によってどのようなものを使うか変わります。

よく○○テクニックや○○法というような手技が広告で流れていますが、相当怪しいです(笑)

膝の痛みがある人が病院で変形性膝関節症と診断を受けたとしても

使う手技は人によって全くかわります。

膝蓋下脂肪体のモビライゼーションをやる人や関節可動域訓練をする人など同じ疾患や痛みでも人によっておこなう施術は変わります。

手技は色々な手技があり、良いものや悪いものがあります。

大事なことはこの痛みやこの部位にはこの手技という当てはめをしないことです。

患者様一人一人、身体や症状は違うので当てはめだけはやめましょう。

どんな手技を使うかではなくどうしたらこの患者様が良くなるかを考えて理学療法をおこなうことが大切です。

手技は患者様の症状がよくなれば何でもいいのです。

患者様の症状をよくできる手技が整体師で1番重要です。

スポンサードリンク

整体師が技術力を高める方法

整体師

整体師が技術力高めるにはどうしたらいいのか順番に説明していきます。

◎触診技術

触診技術を高めるにはとにかく多くの人に触ることです。

人によって身体が違うので多くの人の身体を触ることで触診の感覚がついてきます。

また参考書を読みながら身体に絵を描いたり、お互い触りあう練習をすることで触診技術が高くなります。

触診技術を高める為の本は鉄板があるので貼っておきます。

上記の2冊を買って読みながら触診の練習をしましょう!

◎カウンセリング(問診)

カウンセリングは患者様に聞くことをテンプレート化しておくと良いです。

以前の記事で問診について書いています。

関連記事

[sc name="hallow"]自分が駆け出しのころは問診ってどうやったらいいのかな・・という悩みもあったのでこの記事を読むことで問診のやり方、流れがわかるように解説しています。問診のやり方は人それぞれ違うと思い[…]

問診

カウンセリングは患者様との初めてのコミュニケーションの場です。

傾聴の姿勢で優しく、穏やかにカウンセリングをおこなうことが大切です。

カウンセリングで聞くことをテンプレート化し、自分の型を作れるようにしましょう。

カウンセリングも数をこなしていくことで自然と技術が高くなっていきます。

◎評価

評価はなかなか難しいことが多いですが、見るべきポイント決めていると評価しやすいです。

例えば膝の痛みがある人は歩行を診てみる、可動域を測る、痛みの評価をするなど

どんな評価をするか決めておくことであれこれ迷わず評価することができます。

評価は医学書で勉強するのが一番です。

あとは細かく部位によって評価項目を勉強いいですね

各部位の評価参考書
【頸部】
【肩関節】【腰部・骨盤】

【股関節】

股関節拘縮の評価と運動療法

【膝関節・足部】

◎鑑別能力

鑑別能力を高めるにはとにかく勉強することです。

知識がないと鑑別することができないのでとにかく勉強して知識をつける必要があります。

鑑別能力はリスク管理にも繋がります。

鑑別能力を高めるのに良い参考書を貼っておきます。

また以前の記事でオススメの参考書・医学書を書いているので参考にしてみてください。

◎手技

手技は練習あるのみです!

触診と同じで色々な人の身体に触り、数をこなして技術力を高めていく必要があります。

初めのころはうまくいかないこともあるとは思いますが、とにかくたくさんの人の施術をして経験値を積み上げることで技術が高くなっていきます。

また、セミナーに参加して手技を学ぶのもオススメです。

怪しいセミナーには気をつけてくださいね!

オススメのセミナー講師も以前の記事で書いているので読んでみてください。

関連記事▶柔道整復師・整体師が行くべきセミナー&オススメのセミナー講師を紹介

先輩や家族、友人など、とにかく多くの人を施術してみてください。

数をこなすことが上達のカギです。

売れっ子整体師になる為に必要な技術まとめ

まとめ

今日は売れっ子整体師になる為に必要な技術を紹介してきました。

残念ながらこの記事を読んで技術力がアップするわけではありません。

ですが、この記事に書いてある技術力を高める方法を実践して勉強すれば確実に技術力を高めることができます。

売れっ子整体師になる為には技術力が必要不可欠です。

もちろんすぐに技術力が高くなるわけではないですが、目的意識を持ちながら仕事や勉強をしていくことで確実に成長していきます。

この業界は師弟子関係や修行なんて言葉をよく聞きます。

整体師も職人と同じです。

修行をして師匠に教えてもらいながら技術と知識を高めて売れっ子整体師を目指しましょう!

今は師匠がいなくてもネットに情報がたくさんあるので便利な時代です。

骨次郎も有益な情報を発信できるように精進していきます。

骨次郎のブログも是非参考にしてみてください。

あなたが売れっ子整体師になることを願っています。

技術力を高める参考になれば幸いです。

それでは今日はこの辺で

売れっ子整体師
最新情報をチェックしよう!
>柔道整復師必見!

柔道整復師必見!

柔道整復師は骨折・捻挫・脱臼を処置するのが仕事です。特に骨折の整復や固定は柔道整復師にとってできなくてはならないものです。ですが、今は整骨院・接骨院にはあまり外傷が来ないこともあります。そこで骨次郎が固定が出来るようになる為のマニュアルを作成しました。今はインターネットで固定が学べるようになるので飲み会や洋服に使うお金を自分の自己投資に使ってみましょう!

CTR IMG